Mr.Olympia(ミスターオリンピア)2019フィジーク出場選手【まとめ】

Mr.Olympia(ミスターオリンピア)2019フィジーク出場選手【まとめ】


2019年9月12日から15日にMr.Olympia(ミスターオリンピア)が開催されます。

日本からもアマチュアオリンピアにエドワード加藤さん、Genkiさん、そしてカネキンさんなどの日本のフィジーク界を引っ張る選手たちが参加しに行きますね。

数ある大会のなかでもMr.Olympia(ミスターオリンピア)は世界一の大会と言われ、フィジーク大会も歴史が浅いながらも大人気の大会となっています。

今回はそんな世界最高峰の舞台でしのぎを削る選手たちを紹介させていただきます。

DEAN Balabis


 

この投稿をInstagramで見る

IFBB PRO Dean Balabis 🇵🇭🇺🇸さん(@deenomite)がシェアした投稿

名前:ディーン・バラビス
出身:アメリカ

Yesser Fernando Chala Blandon


 

この投稿をInstagramで見る

IFBB PRO Fernando Chalaさん(@fernando_chala)がシェアした投稿

名前:ヤッサー・フェルナンド・チャラ・ブランドン
出身:コロンビア

George Brown


 

この投稿をInstagramで見る

👑 King George 👑さん(@ifbbprogeorgebrown)がシェアした投稿

名前:ジョージ・ブラウン
出身:USA
身長:180cm
体重:83.9-88.5kg

ジョージブラウンは、IFBBプロフィジーク選手であり、米国オハイオ州のスポンサーであるアスリートおよびパーソナルトレーナーです。
ジョージは、サッカー、バスケットボール、水泳、テニスなどのスポーツをして育ちました。最初はスポーツのパフォーマンスを向上させるために筋トレを始めましたが、サッカーよりも筋トレにのめりこむようになり、友人にボディビルを紹介されたことで大会に出場するようになりました。

出典:https://www.greatestphysiques.com/

Julian Colley


 

この投稿をInstagramで見る

Julian Colley 🇨🇦 IFBB Pro MPさん(@jubjub136)がシェアした投稿

名前:ジュリアン・コリー
出身:アメリカ

Carlos De liveira


 

この投稿をInstagramで見る

IFBB PRO Carlos deOliveiraさん(@caikepro)がシェアした投稿

名前:カルロス・デ・オリヴェイラ
出身:アメリカ

大会経歴
2019 California Night of Champions Pro Men’s Physique 1
2018 Titans Grand Prix Pro Men’s Physique 2

Raymont Edmonds


 

この投稿をInstagramで見る

Raymont Edmondsさん(@raymontedmonds)がシェアした投稿

名前:レイモンド・エドモンズ
出身:アメリカ
身長:188cm
体重:106kg-108kg

大会経歴
New York Pro 2018 – 1st place
Charlotte Europa 2017 – 1st place
Pittsburgh Pro 2017-2018 – 1st place

2年間、高校の強豪校のバスケットボール部でキャプテンをしました(レイモンドは身長が高い。)33歳(2019現在)で、見事念願のMr.Olympia(physique)に2019年のミスターオリンピアにて輝くきました。

手足が非常に長く、他の選手とは一線を画すプロポーションの良さが特徴的です。

Andre Ferguson


 

この投稿をInstagramで見る

IFBB PRO Andre Ferguson♎♎🇯🇲🇯🇲さん(@luckylibra213)がシェアした投稿

名前:アンドレ・ファーガソン
出身:アメリカ
身長:175cm
体重:83.9-88.5kg

2013年にNPC東部アメリカ大会で選手としてのキャリアを始めました。 ミッドセクションが非常に強いことで有名で、ヘビーな重量でのトレーニングも欠かしません。
レベルの高いアーノルドクラシック2018,19の覇者です。

Xavisus Gayden


 

この投稿をInstagramで見る

Xavisus Gayden IFBB Pro 🌐さん(@xavisus_gayden)がシェアした投稿

名前:ザヴィサス・ゲイデン
出身:アメリカ
身長:185.5cm
体重:88.5 – 93.0kg

3児の父でもあるゲイデン選手。アメリカ軍の海兵ですが、子供の世話と仕事の合間を縫ってトレーニングに励んでいます。実は音楽プロデューサーの一面も持ち合わせています。

Anthony Gilkes


 

この投稿をInstagramで見る

Anthony Gilkesさん(@ifbbpro__anthonygilkes)がシェアした投稿

名前:アンソニー・ギルケス
出身:アメリカ
身長:172.5cm
体重:83.9-88.5kg

大会経歴
1st Miami pro 2019
2nd NY pro 2019
胸に「勇」という文字がTATOOが入っていることが特徴

Brandon Hendrickson


 

この投稿をInstagramで見る

Brandon Hendricksonさん(@brvndonflexx)がシェアした投稿

名前:ブランドン・ヘンドリクソン
出身:アメリカ
身長:172.5cm
体重:83.9-88.5kg

ブランドンは病院でホスピタリティマネージャーを務めていましたが、細い身体をからかわれてボディビルに真剣にとりくむようになりました。パンプの感覚が好きだというブランドンは2018年のオリンピアの覇者です。

Kyron Holden


 

この投稿をInstagramで見る

IFBB PRO-Kyron Holdenさん(@kyron_igm)がシェアした投稿

名前:カイロン・ホールデン
出身:アメリカ

大会経歴
2017 MR USA/2019 NY PROにて優勝
2x Olympian に出場すること2回
5回のIFBB主催大会で優勝
アメリカ軍で働いています。

Ahmed Abdul Jalil


名前:アハメド・アブドゥル・ジャリル
出身:エジプト

Ondrej Kmostak


 

この投稿をInstagramで見る

 

Ondrej Kmostak IFBB PROさん(@ondrej_kmostak)がシェアした投稿

名前:オンドレ・クモスタック
出身:チェコ共和国
身長:179cm

なかなか名前が呼びづらいチェコ出身の選手ですが、モトクロスライダーの一家で育ちました。しかし13歳の時に前腕を骨折したことをきっかけに筋トレにのめりこむようになりました。イケメンでビジネスでも成功を収めています。寿司が大好きらしいです。

Joseph Lee


 

この投稿をInstagramで見る

IFBB PRO Joseph Lee (🇰🇷이해겸)さん(@joemonji)がシェアした投稿

名前:ジョセフ・リー
出身:アメリカ

大学や高校でスポーツのために筋トレをしていましたが、ボディビルのためのトレーニングは在学中に本格的に始めました。 メンズフィジークは割にあわないため、大手フローリングメーカーで働いています。つい最近まで大学院生をしており、2019のオリンピアの後にプロポーズもしました。

Corey Morris


 

この投稿をInstagramで見る

 

ɪғʙʙ ᴄᴏʀᴇʏ ᴍᴏʀʀɪs “ᴅᴇʟᴛᴋɪɴɢ”さん(@iamcoreymorris)がシェアした投稿

名前:コリー・モリス
出身:アメリカ

2人の若い少年の父親であるモリスは2016年にボディービルを始め、1日最低2時間、週6日筋トレし、すぐにスカウトマンの目に留まりました。アスリート管理会社Mon Ethos Proに入社しており、Mon Ethos Proの社長であるDavid Whitaker氏は「ジムでのモリスの成長は素晴らしく、フィットネスモデルとフィジークの両方にかなりの可能性があります。」と。

Carl Presendieu


 

この投稿をInstagramで見る

Wings of Strengthさん(@wingsofstrength)がシェアした投稿

名前:カール・プレセンデュ
出身:アメリカ

Ramses Rams


 

この投稿をInstagramで見る

Ramses Ramsさん(@ramses_rams)がシェアした投稿

名前:ラムセス・ラムス
出身:スペイン

ラムスは11歳で重度の病気にかかり、足を動かせずに車椅子生活を強いられました。努力を通じて回復し、人生の進路について考えました。その後、ラムスはスペイン軍に入隊し、闘争の規律、犠牲、そして価値を学びました。そして、アメリカに渡り、将来がボディービルになるビジョンがみえたので、地元に戻り、筋トレをしました。

Arya Saffaie


 

この投稿をInstagramで見る

 

Arya Saffaie IFBB Pro Olympianさん(@arya_saffaie)がシェアした投稿

名前:アリヤ・サファイエ
出身:アメリカ

5歳の時からプロのボディービルダーである父親のマイク・サファイエと筋トレを始めました。 12歳になるまでに毎晩100回の腕立て伏せをしていました。17歳で高校を辞めて、77kgで、体重の2倍のベンチプレス(160kg)がをしていました。現在では、毎週土曜日、アリヤは友人とマンハッタンビーチ(カリフォルニア州)の公園に行き、腕立て伏せ、プルアップ、マッスルアップ、ディップスを行います。 少し遊べるので、この日を楽しみにしているのだそうです。

Akeem Scott


 

この投稿をInstagramで見る

Akeemsupremeさん(@akeemsupreme)がシェアした投稿

名前:アキーム・スコット
出身:アメリカ

大会経歴
2019 Chicago Pro Men’s Physique 1
2019 Battle In The Desrt Pro Men’s Physique 1
2018 Toronto Pro Men’s Physique 1
2018 Nebraska Pro Men’s Physique 1

Suruqah Shabazz


 

この投稿をInstagramで見る

Suraqah Shabazzさん(@suraqah)がシェアした投稿

名前:スルクァ・シャバズ
出身:アメリカ

シャバズは2016年にプロとしてデビューし、2017年と2018年に行われた大会で1位になりました。
シャバズはこう言います「仕事をする人とお金をもらう人の2種類の人々がいます。仕事をする人になりましょう。そこは競争が少ないです。」

Ryan Terry


 

この投稿をInstagramで見る

Ryan Terryさん(@ryanjterry)がシェアした投稿

名前:ライアン・テリー
出身:アメリカ
身長:177.5cm
体重:83.9 – 88.5kg

ライアンは、2010年にミスターインターナショナルと2010年ミスターグレートブリテンになったという生粋のいい男です。ライアンは自信をつけるために14歳でジムに通いはじめました。  ライアンは一歩踏み出してIFBBプロのボディービルダーとなり、チャンピオンシップを獲得しました。 ライアンは、Men’s Healthや、Muscle&Fitness UKなどの数多くのコマーシャルやフィットネスの雑誌に出演しています。

Kimani Victor


名前:キマ二・ヴィクター
出身:カナダ

キマ二の幼少期からボディービルが夢でした。夢をかなえることができたキマニでしたが火災で家を失い、プロ戦をあきらめようとしました。しかし諦めることなく大会で優勝して、オリンピアまで歩を進めることができました。

Anthony Woods


 

この投稿をInstagramで見る

ANTHONY WOODSさん(@ant_woodz)がシェアした投稿

名前:アンソニー・ウッズ
出身:アメリカ

大会経歴
2019 San Jose Pro Men’s Physique 1
2018 Battle In The Desert Pro Men’s Physique 1
これら以外にも数多くの大会に出場して成績を残している。

まとめ


はてさて、いったい誰が優勝するのか。2018年はこれまで4連覇していた、ブランドンがジェレミーブエンディアを破り見事王者に輝きましたが、2019年シーズンは2連覇なるのか。

はたまた、ほかの有力選手が優勝するのか非常に楽しみなところでもあります。

2019年のMr.Olympia(ミスターオリンピア)フィジークも毎年のことながら目が離せません。

関連記事一覧


フィットネスランキング