アパレル

【メンズ】海外人気フィットネスアパレルまとめ【6選】

2019年8月16日

メンズの海外人気フィットネスアパレルをまとめました


国内外問わず現在様々なフィットネスアパレルが存在しています。クールフィットでは以前アンケートをとりまして、人気フィットネスアパレルについて質問をさせていただきました。そしてありがたいことにとても多くのご回答をいただきました。

その中でも特に人気なフィットネスアパレル(海外ver)についてまとめましたのでぜひご自身のフィットネス活動にお役立ていただければ幸いです。フィットネスアパレルは基本的に鍛えた身体が最も美しく見えるように素材やデザインにこだわって設計されています。

では早速参りましょうか!!!

Vanquish Fitness



https://www.vqfit.com/

ここ最近一気に日本に進出してきたのがVanquish Fitnessです。通称VQ。その洗練そしてシンプルなデザインは美しく、鍛え上げた身体の美しさをグンと引き上げます。ロゴもシンプルなのです。

そんなVQですが、ジムで見かけることの多いブランドでもあります。何と言っても、VQの海外のモデルさんたちはフィットネススターばかり。
そのマーケティングの上手さもあり、「かっこいい!」となり購入する方も続出なのでしょう。

モデルさんの例を挙げるとシメオンパンダセルジコンスタンスなど大物ばかりです。

実は、日本でも最近VQのアンバサダーをされている方がいらっしゃいます。今回は男性ですが、寺島遼さんがVQのアンバサダーをつとめられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇯🇵寺島 遼🇯🇵さん(@ryo_fitness_jp)がシェアした投稿 -

Body Engineer



Body Engineerも日本でよく見かける海外アパレルですね。その特徴としましては

・Engineerと言うだけあって開発者は航空宇宙技術者
・ロゴが印象的
・デザインが革新的

と言う感じです。Body Engineerは珍しいかなオランダのアムステルダムにて航空宇宙技術科とフィットネスモデルTavi Castroによって開発されました。ちょっと彼らのビジョンをのぞいてみましょう。

洗練されたスタイリング、品質、およびパフォーマンスを退屈だったフィットネス業界にもたらすというビジョンに基づいて構築されたBody Engineerは、フィットネスライフスタイルのギャップを埋めようとしています。ファッション専門家のチームによってヨーロッパで設計され、一部の世界のトップアスリートによってテストされたBody Engineerは、フィットネスとライフスタイルのアパレルを新しいレベルに引き上げます。

さらにはこのようにもサイト上にて述べられています。

あなたが自身の心と体をコントロールしたいなら、私たちの仲間です。あなたは自身の人生のエンジニアです。

かなりコンセプトがしっかりしていますね。

さて、ロゴが印象的とも書きました。このロゴは割とでかでかとアパレルに刻印されています。羽のデザインの中央にBEの文字。ちょっとベントレーっぽいです。

そんなロゴが印象的なボディエンジニアですが、デザインも他のアパレルとは一線を画す感じです。大きな違いでいえばシャツの裾の形が三角形に尖っている点です。これが航空宇宙技術者と関係があるのかないのかは分りませんが独特なデザインをしていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Body Engineers ™さん(@bodyengineers)がシェアした投稿 -

Hera Hero



https://heraxhero.com/

ジェレミーブエンディアがモデルをするこのブランドも大人気なフィットネスアパレルの一つ。
数年の研究開発期間を経てリリースされたこのフィットネスアパレルはやはりシンプルで身体にフィットするデザインとなっています。

このHeraHeroのさらなる特徴としては

・公式サイトが日本語対応
・自分のサイズがわかるツールがサイト内にあり便利
・日本のフィットネスインフルエンサーも着用

上記の箇条書きの2点に関しましては、クールフィットの記事にて以前記事にて買い方等を徹底的に詳しく書きましたので、そちらをご覧ください。

https://coolfitness.jp/howtobuy_herahero/

最後の一点に関しましては、ダンディ村田さん、ぷろたん、Rijuさんも着用しているブランドということです。
このようにフィットネス系のインフルエンサーにも大人気なのがHeraHeroなのです。

Darc Sport



https://shop.darcsport.com/

サイトの雰囲気を見てもお分りいただける通り、めちゃくちゃ白黒です。いや実際そんなことを言いたいわけではなく、このアングラな雰囲気がたまらない。

やはり、アパレルも白と黒を基調としたデザインになっており、シンプルながら手の込んだデザインに仕上がっています。
”TEAM DRACSPORT”とも言うのか、一体となったチームの感じはギャングのような感じでもあります。

特徴としてはこんな感じです。

・アングラな雰囲気がたまらない
・黒人のモデルと海外トップフィジークコンペティター
・日本では水着が大人気

黒人のモデルを多く起用していますが、その中でも海外のトップフィジークコンペティターたちがモデルをしていることもそのポイントの一つでしょう。
2018年 Mr.Olympia Physique 覇者 ブランドン ヘンドリクソン

2018.2019年 Arnold Classic Physique 覇者 アンドレファーガソン

2018.年 Mr.Olympia Physique 2nd レイモンド・エドモンド

日本ではこの水着が大人気だったりします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Farouq Ishimotoさん(@farouq0214)がシェアした投稿 -

Gym Shark



https://www.gymshark.com/
さて、今まで紹介してきたフィットネスアパレルで一番世界的に売れているブランドがこちらのジムシャークです。
一体どのような成り立ちなのでしょうか?そしてどのようなブランドなのでしょうか?

・イギリスのティーンエイジャーたちが創設
・シンプル・シンプル・シンプル
・ロゴがサメ

ジムシャークは、2012年にティーンエイジャーのベン・フランシスが高校時代の友人たちによって創設され、ガレージでのスクリーン印刷作業から、フィットネス界で最も成長が早く有名なブランドの1つに成長しました。

その理由は、革新的で効果的なパフォーマンスウェアと拡大し続ける社会的な価値を生み出すことへの貢献、そして何よりもスタッフがジムシャークのビジョンに対して注ぎ込んでいるからとWebサイト上に記載されていました。

そして、ジムシャークのデザインはとにかくシンプルです。かつロゴがシンプルなサメのマーク。雰囲気としてはこんな感じです。

LIVE FIT



https://www.livefitapparel.com/

こちらも日本でとても見ることの多いフィットネスブランドの一つである「LIVE FIT」
フォントとロゴ、そしてデザインがこのブランドの特徴でその雰囲気を一気に高めています。このブランドのデザインはnational感があり、国の代表ユニフォームのような雰囲気が幾分かあります。

特徴をまとめますと、

・ナショナルチーム感(ユニフォーム感)
・ロゴのフォントが秀逸
・商品のラインナップが豊富

ロゴやデザインがこのブランドを一気にオフィシャルでナショナルなブランドな雰囲気に一気にしています。そしてそれゆえTEAM LIVEFITと言うチーム(フィットネスブランドは割とチームを作りがちです)を構成して、世界中のLIVE FITファンをチームの一員としています。

こちらの記事も読まれています。

-アパレル

© 2020 COOL FITNESS JAPAN | クールフィットネスジャパン