NPCJ

山岸秀匡、アイリスカイルのHIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLEJAPAN CLASSICとは【大会概要】

2019年5月18日

大会概要

HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC


令和元年5月18日、IFBB PROFESSIONAL LEAGUE × NPCJ
HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSICが開催。

NPCJという団体に関しては別途、記事にさせていただくが
2019年から、なんとあの世界的団体のIFBBとタッグを組み
IFBB PROFESSIONAL LEAGUE × NPCJ
として各種プロカードが発行される大会が開かれることとなった。

その幕開けの大会がHIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC
なのである。


HIDETADA YAMAGISHIとIRIS KYLEの名を冠したコンテストということで
彼らはもうすでに日本において馴染み深い人物だと思うが
念の為、簡単にこちらで紹介させていただこう


山岸秀匡(やまぎしひでただ)

日本人初のIFBB PROボディビルダーで
2007年:世界最高峰のボディビル大会、Mr.Olympiaに日本人として初出場。
2016年:「アーノルドクラシック212クラス」で日本人として初優勝を果たす
他にもIFBB PRO関連の大会で3度の優勝を果たされている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hidetada Yamagishiさん(@hideyamagishi)がシェアした投稿 -


IRIS KYLE(アイリスカイル)

Iris Floyd Kyle (born August 22, 1974) is an American professional female bodybuilder.[11] She is currently the most successful professional bodybuilder ever, female or male, with ten overall Ms. Olympia wins and two heavyweight wins, along with seven Ms. International wins and one heavyweight win.[10][12] She ranks as the best female bodybuilder in the IFBB Pro Women's Bodybuilding Ranking List.[13]
出展:wikipedia

アイリスカイルさんは、アメリカのの女子ボディビル選手であり、男子女子を含めても、近年で一番成功している選手である。
10回のMs.Olympiaでのオーバーオール優勝等のあまりに輝かしい成績を残している。
最近はよくゲストポーザーやセミナーの開催等を開きに日本に訪れることがあり、親日家である。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Iris Kyle BodiCafe Co-Ownerさん(@iriskyle)がシェアした投稿 -


大会スケジュール


当日の進行はNovice(新人)カテゴリーからIFBBプロカードカテゴリーの
順で行われる。

ちなみに余談だが
今回の大会はチケットが全席完売した。その理由はプロカードが発行される大会
だけあってかなりの注目が世界中から注がれているためである。


みどころ

ではそんな全国から、いや、世界中から注目が注がれる大会。
このHIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSICのみどころとは?

①4枚のプロカード発行

各種4枚(クラシックフィジーク、ボディビルディング、ビキニ、フィジーク
のプロカード発行は相当アツい

そもそも一昨年まで、プロクオリファイは日本で行われなかったのでプロになる選手をその瞬間で見れることは
日本のフィットネスシーンがこの1.2年でまたガラッと大きく変わったことを示している。

この4枚のカードを目指して、日本のみならずアジア圏の国々を中心に各国から選手が続々とやってくる。
人生を賭けて戦いにくる者ばかりなので、誰もが本気中の本気。

IFBBプロカードというものにはそれ程の価値があるからだ。


②ゲストポーザーがBrandon Hendrickson選手

なんとあの2018年にMr.OlympiaMen's Physiqueを制したBrandon Hendrickson選手がこの日のために
ゲストポーザーとして来日にやってくるのである。

余談ではあるが、彼はファッションが大好きで特に日本にくると服や靴を
いつも楽しそうに購入している姿がとても可愛らしい。


③フィジークの熾烈な戦い

とにかく昨今のフィジークの熱はとどまることを知らない。
サーフパンツを履き、発達した筋肉に、爽やかな表情、細いウエストから広がる背中
そして計算し尽くされた筋肉の配分。

多くのファンを虜にして掴んで放さない

世界各国からも日本にプロカードを狙いにくる選手がいるが、日本人選手も多数出場される予定だ。
その中でも今回出場する有名選手を紹介させていただこう。


廣川翔一選手

画像クリックで廣川翔一選手のInstagramへ

名実ともトップクラスの廣川選手


Patrick Kengsong選手

画像クリックでPatrick Kengsong選手のIntagramへ

上腕50cmを超えるパトリック選手


Steve Jean選手

画像クリックでSteve Jean選手のIntagramへ

2018ProQualifyにてクラス別優勝したスティーブ選手


湯浅幸大選手

画像クリックで湯浅幸大選手のIntagramへ

世界中の大会で優勝を重ねてきている湯浅選手


小池友仁選手

画像クリックで小池友仁選手のIntagramへ

YOUTUBERとしても実業家としても活躍する小池選手


さあ一体、4枚のプロカードは誰の手に渡るのであろうか。
令和ど初っ端から、全く目が離せない戦いが繰り広げられそうだ。

⬇︎NPCJ
https://npcj.jp/

こちらの記事も読まれています。

-NPCJ
-, , , , , , , , ,

© 2020 COOL FITNESS JAPAN | クールフィットネスジャパン