NPCJ インタビュー 人物 男性

市川信行とは?日本人初のクラシックフィジークプロ

2020年9月10日

こんにちはCOOL FITNESS JAPANです。
本日は先日行われたFWJのプロクオリファイコンテストEVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSICで誕生した日本人はつのIFBB クラシックフィジークのプロである市川信行選手をご紹介いたします。

 

こちらもCHECK

【プロクオリファイ】誰がプロになった?9月5日 EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC

こんにちはクールフィットネスジャパンです! 9月5日(土)に市川市文化会館で行われたIFBB PRO CARDを獲得できるプロクオリファイコンテスト EVOLGEAR HIDETADA YAMAGIS ...

続きを見る

 

市川信行さんのプロフィール

名前

市川信行(いちかわのぶゆき)

ニックネーム

Bulky Nobu(バルキーノブ)

後述いたしますが、まさに名前の通りバルキーです。

SNS

Instagram

Twitter

市川選手の各種SNSをフォローして応援しましょう。

身長

169cm
水抜き後166cm

あまりな過酷な水抜きの為身長が一時的に縮んでしまうそうです。

体重(2020年9月時点)

オフ 105kg
オン 74.6kg

オフではなんと100kgの大台を超えての105kg。
さすがに元力士ということで沢山食べられるのが市川選手のサイズの秘訣ですね。

減量期の体重は74.6kgとなっております。

74.6kgということですが、仕上がり体重は想像より低かったという人もいるのではないでしょうか?
バルキーノブ選手のバルクから見るともっと体重があると思っていた方もいらっしゃると思います。

それにはやはりクラシックフィジークというカテゴリと言うことが関係しているでしょう。

クラシックフィジークでは体重制限があるカテゴリですので、制限内に体重を抑えないと出場ができないことになっております。
市川選手はクラシックフィジークの中に出場できるギリギリまで絞り込み、30kgもの減量をしてステージに挑んでおります。
元々105kgもある体重をここまでしぼりあげるのは並大抵の努力では叶えられません。
落とせるギリギリまで削ぎ落としての74.6kgです。

その証拠にステージ場では誰よりもコンディションが良い状態で上がっておりました。
これ以上落とせるものが何もない状態まで絞り込んだ肉体は圧巻の一言でした。

BIG3の記録

かなりのサイズを誇る市川信行選手。

トレー二ーならそんな彼のBIG3の記録、知りたくありませんか?

私は知りたいです。
聞いてきました。

ベンチプレス 200kg
スクワット 180kg
デッドリフト 250kg

いかがでしょうか?
やはり体に見合うとんでもない記録の持ち主であります。
市川選手といえば特に上半身の大きさが突出している印象でしたが、やはり肉体に裏付けされた記録を誇っております。

ジムジャン小西
ちなみにジムジャン小西のベンチプレスは最高でも120kgくらいだぞ

 

職業

パーソナルトレーナー

筋トレを始めたきっかけ

小学校生の頃K-1ごっこが流行っていて本当に病院行くくらいやり合うですけど優勝すると女の子からチヤホヤされるので皆でやり始めました(笑)

 

トレーニングの際に意識していること

使用部位を最大にストレッチ、収縮を扱う重さ以上に自ら負荷をかける。セット事のストレッチ。

 

愛用しているサプリメント

ライド

 

大会経歴


  • 2018年

    ベストボディジャパン横浜大会


  • 2019年

    4月 NPCJ

    NEW GENERATION CLASSIC 2019

    5月 NPCJ

    HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC 2019

    6月 NPCJ

    POWERHOUSE GYM CLASSIC

    10月 海外

    Olympia Amateur Lasvegas 2019

    11月 NPCJ

    OLYMPIA AMATEUR JAPAN 2019


  • 2020

    9月 FWJ

    ここでクラシックフィジークプロになりました。

    EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC


 

市川信行選手とは?来歴

市川選手のバックボーンはとても珍しい力士です。

周りに力士び知り合いがいる方自体少ないのではないでしょうか。

そんな異色の経歴から2018年にコンテストデビューを果たした市川信行選手。

初出場のコンテストはなんとBEST BODY JAPANだったんですね!
ベストボディジャパンといえばすらっとした印象のモデルのような筋肉美が評価されるコンテストですね。

メモ

全身引き締まった筋肉、引き締まったバランスの取れた身体

公式HPより

審査基準にもこうあります。

今はとてもバルキーな市川選手ですが、ベストボディジャパンに出場していた頃は今と印象が違っていたのでしょうか?
当時の写真がこちらです。

どうぞ

Best body japan

バルキーノブ選手

 

 

ジムジャン小西
でかすぎやろ!!!!!

デビュー時から異色のバルキー差でベストボディジャパンの審査基準には合わなかったため、市川選手は翌年より戦場をNPCJ(現FWJ)へ移します。

NPCJでの挑戦カテゴリはフィジーク・クラシックフィジークで戦うこととなりました。

しかしながら、戦うカテゴリをフィジークに移しましたが、ここでもやはりバルキー過ぎました。

どうぞ

 

NPCJデビュー

 

 

サイズが大き過ぎて国内のフィジークでは評価が難しいようです。

やはり市川信行選手の主戦場はクラシックフィジーク でしょうか。

そのあと行われるプロクオリファイコンテストHIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC 2019 ではフィジーク 、クラシックフィジークのダブルエントリーを果たします。

 

隣には今ではIFBB PROになった湯浅選手

 

国内の審査基準では大きすぎる市川信行選手ですが、世界戦になるとこのバルキーでも浮きませんね。
隣には今ではフィジークのIFBB PROとなった湯浅選手がおります。
IFBB PROの湯浅選手と並んでもバルク負けしないのは本当にすごいです。

参考湯浅幸大さんが日本人4人目のIFBBフィジークプロ選手に!

目次1 湯浅幸大さんが日本人4人目のIFBBフィジークプロ選手に!2 プロフィール2.1 名前2.2 ニックネーム2.3 ニックネームの由来2.4 生年月日2.5 筋トレ歴2.6 経歴2.7 筋トレを ...

続きを見る

 

そしてクラシックフィジークでのデビュー戦です。

 

 

 

 

 

クラシックフィジークの選手と並んでもバルク負けするどころか優っております。
やはり主戦場はこちらクラシックフィジーク でしょうか。

 

大きなインパクトを残した

 

クラシックフィジークデビュー戦では優勝することができませんでしたが、日本のクラシックフィジーク観戦者に大きなインパクトを残すこととなりました。

このクラスで優勝を果たしたのはJally選手です。

参考IFBBクラシックフィジークPROに最も近い男、Jallyさんとは【筋肉×アニメソング】

目次1 プロフィール1.1 名前1.2 ニックネーム1.3 職業1.4 大会経歴1.5 Jallyの由来1.6 筋トレを始めたきっかけ1.7 筋トレ歴2 トレーニングで意識していること3 編集長視点3 ...

続きを見る

 

その後主戦場をNPCJのクラシックフィジークに移し、弱点を改善しつつひたむきに成長し続けていきます。

異なるカテゴリの市川選手

 

右下の写真は1ヶ月後のPOWERHOUSE GYM CLASSICでの一枚です。
わずかな間にクラシックフィジークが似合う男に成長しました。

 

その後も精力的に挑戦をし続け、海外のアマチュアオリンピアラスベガスにも参戦

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本を代表するトップ選手と💪 「日本人は無理だよ」「カラダの作りが違う」とか僕もよく使っていましたが、それは言い訳に過ぎない。努力を惜しんで逃げているだけ。と言われんばかりの自信とオーラが溢れ出ていると感じました。 まだまだ大きくなるし、良い意味で改善点だらけだよ。と言って頂き、とにかく怪我と風邪は引かない様に、丁寧に高重量、出来るだけをやって行きたいと思いました☺️ nextPROは市川だろ!を目指して #workout#training#fitness #diet#weightloss #bestbodyjapan #npcj #bodybuilder #physique #personaltrainer #pressuretrainer #myprotein #체중감소 #トレーニング #ワークアウト #フィットネス #ダイエット#減量#ボディーメイク #ベストボディジャパン #サマースタイルアワード #フィジーク#ボディビルディング #パーソナルトレーナー #合同トレーニング #ベンチプレス #格闘技 #Instamovies #感謝 #hmb極ボディ

BulkyNobu IFBB PRO(@ichikawa_nobuyuki)がシェアした投稿 -


一度決めてからの行動力には脱帽です。

その後11月にアマチュアオリンピアジャパンにも参戦するなど

こちらもCHECK

Olympia Amateur Japan 2019 結果は!?【オリンピアアマチュアジャパン】

こんにちは。 CoolFitnessJapanです。 先日、日本初開催となったOlympia Amateur Japan 2019ですが、結果はどうなったのでしょうか? 各カテゴリのオーバーオール上位 ...

続きを見る

 

怒涛の2019年を駆け抜けてきました。
まさに挑戦だらけだった2019年。

悔しくも目立った成績は収めることができなかった市川選手ですが、一競技者として大きく成長した1年となりました。

 

そして来たる2020年

 

ついにその時がやってきます。

 

EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC

 

こちらもCHECK

【プロクオリファイ】誰がプロになった?9月5日 EVOLGEAR HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC

こんにちはクールフィットネスジャパンです! 9月5日(土)に市川市文化会館で行われたIFBB PRO CARDを獲得できるプロクオリファイコンテスト EVOLGEAR HIDETADA YAMAGIS ...

続きを見る

 

昨年の雪辱をはらす結果となった悲願の優勝
弱点であったポージングや脚を大きく改善。
コンディションもピカイチで他の選手を圧倒していました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

念願のスタートラインに立つ事が出来ました! これも皆様から日頃から暖かい応援のお陰と心から感謝しております。 今回はかなり良い評価を周りから頂きました、僕自身も一瞬の静止画ではわからない。画像編集のされていないスカパー様の動画を振り返り、自分でも文句の言わせないコンディション優勝にふさわしいと感じました。 しかし、これから海外の選手と肩を合わせる中で子供と大人の差を感じています。 憧れのレジェンド @hideyamagishi 選手が唯一海外勢に負けない日本選手の現状を僕自身が世界と渡り合える筋量、形や大会コンディションに持って行ける様に精進してまいります。 まだまだ未熟者ゆえ皆様方の御指導、御鞭撻を賜りたいと存じます。 今後とも暖かい御支援を宜しくお願い致します。 #training#fitness #diet#fwj #bestbodyjapan #npcj #bodybuilder #physique #personaltrainer #トレーニング #ワークアウト #フィットネス #ダイエット#減量 #ベストボディジャパン #クラシックフィジーク #フィジーク#ボディビルディング #パーソナルトレーナー #合同トレーニング #格闘技 #Instamovies #感謝 #hmb極ボディ#友風 #大相撲 #sumo #リハビリ #復帰

BulkyNobu IFBB PRO(@ichikawa_nobuyuki)がシェアした投稿 -

 

優勝が決まった瞬間に流した涙はこれまでの努力を物語っています。
Instagramでも言っているようにやっとスタートラインにたったところと。

そんな市川選手からコメントをいただいたのでどうぞ。

 

日本人初のクラシックフィジークプロとなった感想

日本人初のIFBB CLASSIC PHYSIQUE PRO本当におめでとうございます!大会を終えた感想をお聞かせください。
ジムジャン小西

 

市川選手
素直に嬉しいです。今考えるとクラシックフィジークの日本初は自分で最初で最後なのでとても光栄です

 

日本人初と言うことを忘れていたのが可愛らしいですね。
市川選手がおっしゃっているようにパイオニアになれるのは後にも先にも一人のみです。
本当におめでとうございます。

今後の課題

プロになってからの課題などありますか?
ジムジャン小西

 

市川選手
全体的に筋量、筋肉の深みなどと考えてますが特に脚の筋量を増やす為に頻度を高めてます。

 

バルクが素晴らしい市川信行選手ですが、さらなる筋肉量アップを目指しておられます。
脚を特に強化したいとのことで、現在の上半身のバルクに脚が追いついたらとてつもないモンスター級の選手が完成しますね。

 

目標

プロになってからの目標を教えてください。
ジムジャン小西

 

市川選手

プロになれる過程を教えるプロでは無くプロになってから勝つ為の過程を教えれるプロになりたいです。その為にプロ戦で優勝出来る選手。将来山岸選手の様にオリンピアに出場するのが今の目標です。

 

非常に志が高いコメントをいただきました。
プロになることがゴールではなくプロになってからがスタートですね。

あの山岸選手のようにオリンピアの舞台でノブ選手をみたいですね。

 

市川信行さんの記事のまとめ

クラシックフィジークの初の日本人プロということでこれから世界へ旅立つ市川選手。
元力士という異色のバックボーンを持ち、挫折を乗り越え悲願のプロへ。

プロになるまでがゴールではなく、プロになってからがスタートです。

いつかあのオリンピアの舞台に市川選手が並ぶことが非常に楽しみです。

これからの活躍に期待です。

 

 

こちらの記事も読まれています。

-NPCJ, インタビュー, 人物, 男性
-, , , ,

© 2020 COOL FITNESS JAPAN | クールフィットネスジャパン