中村航さんはサマスタプロで回遊魚!【wataru_bt】

プロフィール


名前

中村航(なかむらわたる)


ニックネーム

wataru_bt(ワタルビーティー)


大会経歴

SSA 2016 スタイリッシュガイ
横浜大会2位、日本大会9位
SSA 2017 ビースティ
大阪大会優勝、日本大会4位
SSA 2018 PRO JAPAN 1位 ASIA 2位
⬇︎PRO戦ShortClass1位を獲得した時の写真

 

View this post on Instagram

 

wataruさん(@wataru_bt)がシェアした投稿


筋トレ歴

2015年10月〜


筋トレを始めたきっかけ

社会人になり付き合い等で太り、週末だけジムに行き出すと、学生時代のバイト先の方に遭遇。
とんでもなくムキムキになっており、話を聞くとコンテストに出ているとのことで
初めてそういう世界を知り本格的にトレーニングをすることになった。


これからの目標

「フィットネス実業団」 @7seas_hidamari を発足し、会社業務をしつつ、
トレーニング”すること”も仕事とした選手雇用も新たにスタートさせました。

彼らのマネジメントも行い、チームとして結果を出しフィットネス界に旋風を巻き起こします。
僕らと共に本気でトレーニングに取り組み、それをも仕事にしたいという方はご連絡ください!
航さんが働くHIDAMARI GROUPは介護福祉を中心とした事業を展開中だ。
⬇︎HIDAMARI GROUPのWebサイト
https://hidamarigroup.com/


最近特に意識している事

食べて絞る

⬇︎マイプロテインの特製プロテインパンケーキをジッと見つめる航さん

 

View this post on Instagram

 

wataruさん(@wataru_bt)がシェアした投稿



編集長的視点

爆食い

爆食いトレーニーは結構多い
その中でも彼は群を抜いている

回転寿司100貫ごえ串焼き137本
正直、編集長からしたら天文学的数字。

爆食動画はレイノさんのYOUTUBEにチャレンジの様子が
映像としておさめられているので、爆食がお好きな方はぜひ見てみてね。

⬇︎ReinoさんのYoutubeでの航さんの爆食動画


まあ、なんとも無限の胃袋を持つ彼なのであるが
そりゃあそりゃあ、普段から食う量が半端ではない。

平気で卵30個とか”一度に”食べてしまう。

どうやら、開けたらすぐに食べないと気が済まないらしい。

編集長もグミが大好きなので一袋あけたら全て短時間で食べ終わるまで
気が済まないたちで、気持ちが分からない訳でも、、、
いや、やっぱり分からないです。。。

だって、一袋食べる対象がオートミールやらライスケーキやら
特にプロテインだったりするのだから。
(良い子はマネしないでね)

そんな腹ペコ青虫なわたるさんは常に何か何かしらの食べ物を
探し求め食っているイメージだ。

「この、食いしん坊が!!!!」


語録

わたるさんにはわたる語録がある。

「ほぼ〜」という表現を短縮して用いるのがわたる流。
この説明だけだといまいちピンと来ないと思うので、例えば

「ほぼ、ストーリー」
であるならば「ほとーりー」

では、ここで問題です。
Q.本日あなたは、友人に招かれたパーティーに参加した。
そのパーティーには、ほとんど女の子しかいなかった。
また、提供される料理はほとんどお肉だった。

さて、この場合は。。。。。。

そう、簡単ですね。答えは
「ほんなのこ」「ほにく」となる訳です。

これが、わたる語録の一例だ。
他にも

PとCのおはなし・・・・・タンパク質と炭水化物のおはなし
日またいだらヤンキー・・そのまま
オ好み焼き・・・・・・・お好み焼き風オートミール焼
マグマ・・・・・・・・・汗がマグマのごとく吹き出す様子
出展元:@wataru_bt

などなど、彼のストーリーには頻繁に登場する
わたる語録がたくさんあるのだ。

⬇︎わたる語録がところ狭しと並ぶLINEスタンプたち

 

View this post on Instagram

 

wataruさん(@wataru_bt)がシェアした投稿


活動量

マグロ。

マグロなどの回遊魚は動き続けないと死んでしまう。
その理由は、ググってもらったらわかるが
彼は回遊魚のごとく動き続ける事で生を得る生き物のように思える。

一体全体いつリラックスしているのだろうか?
彼をみていると休む時間は寝ている時間のように思える。

多分、彼にとっての休みは筋トレをして頭を使って仕事を行い
食事をしている時やストーリーを更新しているときなのであろう。

完全な肉食獣、完全な回遊魚。

彼の原動力はどこから来るのだろうか?

全国各地を転々と巡り巡りて、
ビッグな方と交流したり
(羨ましいことにスターAV男優のしみけんさんと飯を食ったりしている)
四六時中動き回っている。

1日に2回脚トレもしたりしている

そんなパワフルな彼を埼玉県は三郷で行われた2018年のFitnessStarを観戦していた時に初めて戦う彼をみた。

Sports Model Short Class2位に輝いたのであったが
強烈に1位を狙っていただけに、あまりの悔しさに泣き崩れた。

 

View this post on Instagram

 

wataruさん(@wataru_bt)がシェアした投稿

その姿を目の当たりにした、審査員や観客、彼の仲間は
彼に対してDMやメッセージを送った。

あのゆんころさんや世界の佐藤正悟さんも彼への励ましや
次への激励を送っていたのである。

彼には人を惹きつける何かがある

だから、多くの人々の心を鷲掴みにして感動を巻き起こし
彼のサポーターとなっていくのだ。

勝ちにこだわる想いの強さが人を精神的にも肉体的にもさらなるステージへと引き上げていく

そう感じた一連のながれであった。

その後、東京で行われたサマスタのプロ戦では見事
わたるさんは優勝をしてリベンジを果たしたのであった。


まとめ

Instagramでみる航さんは四六時中動き回っては
ワークアウトに打ち込んだり、新メニューを開発したり、フィットネス実業団のメンバーとして活動したり
全国各地を飛び回りとにかくアクティブな印象を受ける。

そのアクティブさとキャラクター性にみんなが虜になり
ついついInstagramをひらけば彼のストーリーをチェックしてしまう

HIDAMARI GROUPの顔として、SSA PROとして
より大きな影響力を社会やフィットネス界に与え続ける航さんの
今後からより一層目が離せない。

関連記事一覧


フィットネスランキング