• HOME
  • 記事
  • 男性
  • 上腕50cm以上の爆腕を持つパトリックさんとは【フィジーク、料理人、空手家、トリリンガル】

上腕50cm以上の爆腕を持つパトリックさんとは【フィジーク、料理人、空手家、トリリンガル】

プロフィール

名前

Patrick KengSong(パトリック・ケンソン)


筋トレを始めた理由

極真空手の世界チャンピオンを目指していました。日本や世界のチャンピオンシップにもケガを負うまで何度も何度も挑みました。ウェイトトレーニングを始めた理由は空手でケガをしてしまい、そのリハビリのためです。


来日した理由

日本の文化極真空手を学ぶために武道家として来日しました。


筋トレ歴

ボディメイクのためのトレーニング
2015年~

(もとよりマッチョやないか!!!笑)
投稿によると人生で一度も痩せたことはないそう。


トレーニング内容

パトリックのワークアウトはハイレップです。そしてしっかりと効かせるスローモーションでレップを重ね、ストリクトで完璧なフォームを意識します。


仕事内容

PatFit経営しています。


大会経歴

空手
Highlight are -all kanto 2times champion – Minami Tohoku Taikai 3 times champion – Saitama Taikai 3times -all Japan 2010 3rd place -all Japan 2012 2nd place -world championships Russia 6th -world championships Bulgaria 8th
空手の大会経歴は上記の通りだ。数え切れないほどの賞を獲得した。


フィジーク
2016 Best body Japan 関東大会 ( Mr. best physique) 2nd place
2016 best body Japan 日本大会 (Mr. best physique) 2nd place
2017 best body Japan 関東大会 (Mr best physique) 1st place
2017 Mr best physique 日本大会 1st place
2018 NPCJ BLAZE OPEN -175 1st place


編集長視点

上腕50cmを超える剛腕

ノーパンプで上腕50cmの剛腕を目の当たりにしたときに編集長は“引いた”
絞り切っても、おそらく上腕50cmあるその腕は剛腕という言葉では飾りきれないほどのぶっとさをもっていた。

編集長が引いてる写真

ちなみに「上腕50cm」はネットでしらべたところグラビアアイドルの佐野ひなこのウエストが51cmでこちらも驚愕の細さであるが、グラビアアイドルのウエストと同じくらいというとそのエグさがお分かりいただけるだろう。

さて、パトリックさん(編集長はパトさんと呼んでいる)の上腕の太さに注目が行くのだが、まあ半端じゃないのは当然のことながらそれだけじゃない。

『前腕38cm』
すなわちこのレベルがどのレベルかというと、上腕で38cmいけばすごいと認められる。パトさんといろいろ話していると、「腕は昔っから太かったんだよね~」と。

彼の空手時代のトレーニング方法を聞くと
【10-1kgのダンベルを両手にもって、10kgから順に1kgまで重量をおとしながら(ドロップセット的な?)パンチする練習】をしていたそうだ。

正味、ハチャメチャと言えばハチャメチャなトレーニングであるが実際彼はこのような過酷なトレーニングを積んできてこの身体があるのだから凄すぎる。

大会に出場したきっかけも常軌を逸している。
パトさんがジムでウェイトと戯れていた時に「ボディビルかなにかされてるんですか?」と男性に話しかけられ、「出てないよ」と答えたら、その男性がベストボディジャパンに関して教えてくれたそうだ。

そこで、出てみようと出場。その年、2016年のベストボディジャパンフィジーク日本大会にて準優勝してしまった。

そこからの快進撃は経歴の通りだし、今は既にIFBB PROを目指している段階まできている。


多彩

パトさんは実に多彩だ。
極真空手の経歴は前述したとおり、フィジーク、そしてもともと料理人をされていたので料理の腕前も達者、さらには英語、日本語、フランス語を操るトリリンガルだ。

その多彩な才能についてまとめてみた。

もちろん、パトさんのYoutubeでは
料理に関しての投稿】

【トレーニングに関しての投稿】


【英語の先生、フランス語の先生】


【子供たちに空手教室を開催】

マルチすぎる才能に溢れすぎている
そのマルチな才能も、どれも中途半端なレベルではなく圧倒的に高い次元というのも着目するポイント。

こんな親父頼もしすぎる。


まじ優しい

優しい
パトさんはまさに”健全な精神は健全な肉体に宿る”の体現者。編集長が取材にPatfitを訪れた際に、当時ザーザーの大雨が降っていたのだがその際にあったかいコーヒーを人数分すかさず買って我々に与えてくださった。
というかなんだろう、しゃべり方が優しい。雰囲気が優しい。すべてが優しい。

「強い漢は優しい」とはまさにこのこと

真に強い漢は威張り散らしたりせず、存在そのものが優しいと感じさせてくれる安心感があるのだ。

帰り際、どしゃぶりの雨だったのでパトさんが「傘あげるよ持ってきなよ!」
と言ってくれたことに僕らの涙も雨と同じようにザーザー流れていったのである


まとめ

カメルーンで生を受け、フランスのマルセイユに家族で移住しそのまま現地のカレッジを卒業。
その後、日本の文化と空手を習うために来日して現在に至る。

当然、来日してからは慣れない環境や生活、日本語などに関して、ままならないことも多々あったと思う。その中で、空手でもフィジークでも料理人としてもマルチな結果を出している。
なかなか、できることじゃあない。

現在39歳だが、年齢を微塵も感じさせないパワフルさには、舌を巻く。バイタリティに溢れ、どんなに眠くてもどんなに疲れてても痛くてもトレーニングは絶対に欠かさない。「だってそれがトレーニングだから。」パトリックさんは依然動画にてアツくそう語っていた。

そして、いつも優しく強くみんなから愛されているパトさん。
それはひとえに積み重ねてきたものが多く、深掘りを繰り返し続けた結果なのではないか。
「真に強い漢は優しい」

各種SNSやサイトに関してはこちらにまとめさせていただいたので是非チェックしてもらいたい。
YOUTUBE:https://www.youtube.com/user/cluminaly/featured
INSTAGRAM:https://www.instagram.com/patrick_kengsong/

PATFIT:http://patfit.jp/

関連記事一覧


フィットネスランキング